| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
男子増えて不動産バブルに
Image073small.gif
ハロー!エリオットだにゃ。
為替は今日も怪獣のように暴れ狂っているにゃ。
毎日モニターばかり見ていても、目がシバシバするので
たまには息抜きしにゃいとな。
今日はちょっと面白い話をもってきたにゃ。

その前に、ブログランキング向上のため
下のバナーに愛のひと押しをお願いしたいにゃ。
banner_22.gif


宣伝すまないにゃ。
さて、最近アメリカでコロンビア大学の教授が
面白い論文を発表したにゃ。

「米国の不動産バブルを引き起こしたのは、
実は中国の嫁不足に原因がある!」
というもの。

中国では、人口増加を抑制するため
「一人っ子政策」を実施しているけれど、
子供を産むなら後継ぎになる男の子が
望まれるにゃ。

特に農村部ではこの傾向が顕著で、
人工的な男女の産み分けが行われているらしく、
ある地域の新出産率は女性100に対して
男性130になるとか。

結果的に、中国全体では圧倒的に男性が多く、
2000~3000万人の成人男性が
結婚できない
ことになるそうにゃ。

男子の結婚競争率はかなり高くなるので、
男の子を持つ親は、将来に備えてしっかり貯金する。
子供のために結婚後の住まいを用意してやろうという
親心にゃ。マンションや家を持っていない男子の家は
女子に見向きもされないにゃ。

結果、中国では男の子を持つ親の貯蓄率は
非常に高くなる。2007年には収入の30%を
貯蓄にまわしているというデータがあるにゃ。
(ちなみに90年代は16%程度)

こうして中国の銀行にはどんどん貯金が
入ってくる。中国の銀行は投資先に困って
米国債をどんどん買う。

国民の貯蓄率が高いので、中国の内需だけでは
商品はさばききれにゃい。
中国で生産したものはどんどん輸出される。
儲かったお金は、みんなの貯蓄に。
それがまた米国債に流れ、米国金利の上昇が
抑えられたんにゃ。


この影響で、アメリカでは低金利で不動産が
買えるようになり、一大不動産投資ブームが
勃発、バブルを引き起こした!!


…というわけにゃ。
「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉が
あるけれど、この話もそういったたぐいの
ひとつといえるかもにゃ。

ぼくも、将来の嫁を迎え入れるために
頑張って住まいと猫缶を用意しないとにゃ。
そうだ、猫のオスメス比率を調べれば
ペット業界関連株の株価推移がわかるかも!?

いずれにせよ、まずは嫁を探さにゃければ…


愛に飢える猫・エリオットにひと押し頼むにゃ!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村


ブルベアFX通信のご購読は下記のバナーからどうぞ。


FXマガジンのご購読はコチラから

ちょい言】 | CM(0) | top↑
<<QBC黄氏との対談 | Home | 号外!ユーロ/スイスフラン>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

陳アソシエイツ

Author:陳アソシエイツ
こんにちは!ボクはエリオット。
陳アソシエイツの会長にゃ。
このブログでは、ボクの飼い主である陳満咲杜や世界の富豪の飼い猫達から仕入れたとっておきの情報をお知らせするにゃ。
お楽しみに☆

Twitter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。