| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
スペシャルレポートが出たにゃ!
エリオット

ハロー、エリオットだにゃ!

GLAのブルベアFX通信で、ご主人さまの
スペシャルレポート
久しぶりに出たにゃ

どれどれ、さっそく盗み見したにょで、
ご主人さまには内緒でちょっとにゃけ
そのさわりを公開しちゃうにゃ

にゃにゃん.....

2011年「ブルベアFX通信」中間レポート

年初来、メイントレンドとして、ドルの全面安が続いている。
ドルインデックスは5月4日には一時72.69まで下落、09年11月
安値を下回っていた。ドルの対極として位置づけられるユーロ
サイドでは、いわゆるPIIGS問題の一端、ギリシャ危機が深刻
化する中でもドルの下げは止まらず、QE2がもたらしたドル価
値毀損の大きさを物語る。その上、米債務上限引き上げを巡る
米与野党の攻防も改めて米サイドのソブリンリスクを喚起させ、
ソブリンリスクがEUに限定していないことを浮き彫りにしてい
た。故に、ドル安トレンドの加速とドルのオーバーシュートも
年初の想定より大きかったと言える。

もっとも、相場における値動きは外部材料によってその振動幅
とモメンタムが異なってくるが、構造的な行方、即ちトレンド
の蓋然性としては外部要素が何であれ、基本的には不変である。
従って、年初のレポート(2011~2012 FXアウトルック)で強調
していたドルインデックスの反騰といったシナリオはなお存在し、
年内におけるドルインデックスはすでに底打ちしたか、長引い
ても8~10月にかけて完了し、年末から来年春にかけて切り返し
を展開していくと見る。


どうにゃ!

ドルインデックスの反発という、
長期のトレンド、ぼくも待ちどおしいにゃ!

このほかにもさまざまな見通しと可能性を
ご主人さまが深く掘り下げて解説しているにょで、
ブルベアFX通信
ぜひ購読してほしいにゃ

詳細は下記リンクからどぞ♪
ブルベアFX通信概要



「マネー探検隊が行く!」更新中!


応援お願いします!

ポジショントーク】 | CM(0) | top↑
<<間もなく第3回 陳 満咲杜の相場天気予報! | Home | いよいよ今晩!第2回 陳 満咲杜の相場天気予報>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

陳アソシエイツ

Author:陳アソシエイツ
こんにちは!ボクはエリオット。
陳アソシエイツの会長にゃ。
このブログでは、ボクの飼い主である陳満咲杜や世界の富豪の飼い猫達から仕入れたとっておきの情報をお知らせするにゃ。
お楽しみに☆

Twitter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。