| Home |
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告】 | top↑
ドクター・ドゥームの大予言?!
Image073small.gif
ハロー!エリオットだにゃ。
今日は「ドクター・ドゥーム」こと、
著名投資アドバイザーのマーク・ファーバー博士のお話にゃ。

博士の話の前にポチッとにゃ!
banner_22.gif

博士は、今後何ヶ月では、ドルの反騰が見られると予測しているのにゃ。

同時に株式市場の軟調を予測し、
2002年~2007年世界範囲における株式の上昇周期では
ドルが下落していたが、2008年では逆の現象が生じていると指摘したのにゃ。
米株と新興国株の行き過ぎた上昇がそろそろ頭うちとなり、
ドルも反騰してくる公算が大きいらしい…。

彼は、ロシア株がトップから20%調整していることを
例として挙げ、中国を含み過熱した株式市場は
トップアウトしようとしている可能性にあると述べていた。

ちなみに、博士は彼の処女作
「相場の波で儲ける法―大マネー・ゲーム時代の成功術」
(東洋経済新報社)
において以下の予言をしていたのにゃ!

「次は日本株の暴落の番だ。
バルブ崩壊で日経平均が8000円まで下がらないなければ。
下げ相場は終わらない」

時は1989年。

当時野村証券さえ日経平均5万といった
ターゲットを挙げていた時期だったので、
彼はすっかり日本人の笑われ者となった。

ふぅむ、そんな博士の予想にゃのだから、
心に留めておかないと痛い目みそうだにゃ…。

ちなみにご主人さまはマック・ファーバー博士の大ファンで、
博士の本を英語、日本語、中国や
そしてフランス語(…それはうそにゃのだ!)版をすべて持っているのにゃ!

年末にはタイまで博士を訪問する予定らしいのにゃ。(博士はタイ在住)

ぼくもこっそりスーツケースに入ってついて行こうかにゃ。


応援お願いしますにゃ!
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村

陳満咲杜推薦!オクトFX「ウルトラチャート」



ブルベアFX通信のご購読は下記のバナーからどうぞ。

未分類】 | CM(0) | top↑
<<この本を絶対に読むべし!! | Home | FX・CFDのエンターテイメント性>>
comments
please comment














Only Admin
| Home |
プロフィール

陳アソシエイツ

Author:陳アソシエイツ
こんにちは!ボクはエリオット。
陳アソシエイツの会長にゃ。
このブログでは、ボクの飼い主である陳満咲杜や世界の富豪の飼い猫達から仕入れたとっておきの情報をお知らせするにゃ。
お楽しみに☆

Twitter
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。